活動報告

9月1日、2日と熊本地震被災地で活動「笑って、歌って、お茶会」を開催しました

続きを読む

気仙沼の子ども支援「第7回ドリームキャンプ気仙沼大島」をサポート

続きを読む

熊本地震2年目を迎え、仮設団地で支援活動開催

続きを読む

餅つき・歌の会 イベント開催㏌熊本のお知らせ

続きを読む

「はるかのひまわり」で熊本支援

続きを読む

 

20177月九州北部豪雨災害

 

 

 

このたびの、九州北部豪雨の被害に遭われた皆様方にお見舞いを申し上げます。

 

 

75日から6日にかけ、福岡、大分両県を中心として1時間に100ミリを超える記録的な豪雨により、土砂崩れや河川の氾濫で福岡県朝倉市、東峰村、大分県日田市周辺に大変な被害をもたらしました。

712日夕方の時点で、大分、福岡両県での死者27名、行方不明者21名、また避難生活をされている方は両県合わせて1300人以上に上ると報道されています。

このたびの豪雨災害で被災された皆様方に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く落ち着いた生活を取り戻されますよう、お祈り申し上げます。

 

ひかりプロジェクトでは今回の災害支援の取組みとして以下のことを行います。

・当面、メンバーと関わりのある日田市大鶴地区の復旧を支援する。

・現地で必要としている物資は刻々と変わってくるので、地元リーダーと相談しながら、支援していく。従って、具体的な物資の支援をホームページなどで呼びかけることはしない。

・現地での泥のかきだしなどボランティアは既に始まっており、参加の呼びかけを行う。(近くの避難所を宿泊利用できるが、寝袋、食事は原則自分で手当てする)

・会員の皆さんには「ひかり募金」への支援をお願いし、その資金を支援物資等の調達に充てる。

 

711日に現地入りした清水理事からの報告です。

--------------------------------------------------------------------------

支援活動をしてきた仲間の住んでいる九州北部に降った大雨。被災地である朝倉市・東峰村・日田市など、「早く現地に行かねば」と気が焦ったが、まだまだ大雨が続いていたので、二の足を踏んでいた。

やっと雨も上がったようなので決心がつき、被災している支援活動の仲間の下へと、家内を連れて宇部から車を走らせた。

山陽自動車道・中国自動車道・九州自動車道・大分自動車道を通り、杷木ICで降り目的地の日田市大肥町へと向かった。

目的地に近づくと、橋の下に大木が詰まっていたのを、消防隊員の方たちが取り除く作業をしていたのに出くわした。

川の両岸は大水のせいで抉られていた。

やっと現地に着いたら、友は公民館の前に立っていた。

「大変だったね」と、手を差し伸べて無事であったことを喜び、手を強く握った。

目の前に彼の自宅があった。様子を見て回ったら、自宅は泥で囲まれて、家の中にまで泥が大量に入り込んでいた。

ミニショベル等の土木機材が必要と感じ、仲間に連絡して7月15日(土)に今すぐ必要になる資材を積んで現地入りすることになった。

自然災害は怖いが、日本全国どこでも起こりうる事、「助け合っていかねば!」と強く感じた。

                                                                                                                                   災害担当理事 清水幹生

 

 

・現地でのボランティア活動を希望される方、清水さんまで連絡下さい。

     080-19241098 清水幹生

・支援の募金は、ゆうちょ銀行 記号10890 番号16718311

       または郵便振替 記号番号 00210-2-137823

     一般社団法人ひかりプロジェクト